「GoTo」飲食支援、8月下旬開始=地域限定食事券を発行―農水省

政治・外交

農林水産省は21日、新型コロナウイルス対策の飲食店向け「Go To イート」キャンペーンの事業者公募を始めた。当初17日だった予定をいったん延期したが、新型コロナウイルス感染防止対策の徹底を図ることで支援策の実施は可能と判断した。キャンペーンは早ければ8月下旬から始まる見通し。

イートキャンペーンは外部の事務局に委託せず直接募る。各業界団体のガイドライン(指針)に基づき感染防止措置を講じることが参加条件。公募は来月7日に締め切る。

支援策では地元の登録店で使える食事券を発行する。購入代金の25%分を上乗せして飲食が可能。1万円分購入すれば、1万2500円まで利用できる。利用は各地域に限られ、券の発行は地元商工会議所などが担い、準備が整い次第始める。九州を中心に襲った豪雨災害の影響に配慮し、食事券の事業者公募は2回に分けて行う。

飲食店向け「Go To イート」キャンペーンの内容を説明する江藤拓農林水産相=21日午前、東京都千代田区飲食店向け「Go To イート」キャンペーンの内容を説明する江藤拓農林水産相=21日午前、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 産業政策 日本