6月の白物家電出荷5.8%増=緊急宣言解除で

経済・ビジネス

日本電機工業会が21日発表した6月の白物家電の国内出荷額は、前年同月比5.8%増の3073億円だった。プラスは9カ月ぶり。緊急事態宣言の解除後、小売店の営業が再開されたことで需要が高まった。

単月の出荷額が3000億円を超えるのは1997年3月以来、約23年ぶり。

気温上昇や在宅勤務の増加でエアコンが好調だったほか、6月末のキャッシュレス決済のポイント還元制度終了を前に駆け込み需要が発生。新型コロナウイルス対策として1人10万円を支給する特別定額給付金も追い風となった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 統計 日本