コンビニ大手3社、菓子や飲料を共同配送=物流効率化へ実験

経済・ビジネス

コンビニエンスストア大手3社は22日、企業の枠を超えて菓子や飲料を店舗に共同配送する実証実験を8月に行うと発表した。政府の「スマート物流サービス」計画の一環。東京都内の湾岸エリアにある3社の計40店舗に同じトラックで商品を運び、物流効率化の効果を検証する。

参加するのはセブン―イレブン・ジャパンとファミリーマート、ローソンの3社。8月1~7日に、各社の物流倉庫から江東区に設置する共同物流センターに商品を集め、共同配送トラックで有明や台場などにある店舗へ届ける。共同化によりトラックの台数は3割減、1台当たりの商品積載率は約20%向上すると見込む。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収 流通・物流 日本 東京都