難病患者に薬物投与=嘱託殺人容疑で医師2人逮捕―SNSで知り合ったか・京都府警

社会 暮らし

難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の女性=当時(51)=から依頼を受け、薬物を投与して殺害したとして、京都府警捜査1課などは23日、嘱託殺人容疑でいずれも医師の大久保愉一(42)=仙台市泉区高森=、山本直樹(43)=東京都港区海岸=両容疑者を逮捕した。認否は明らかにしていない。

同課などによると、両容疑者は女性の担当医ではなく、インターネット交流サイト(SNS)で知り合い、面識はなかったとみられる。事件前、女性から山本容疑者の口座に約100万円が振り込まれており、府警は詳しい経緯を調べている。

逮捕容疑は、昨年11月30日午後5時半ごろ、女性から依頼を受け、京都市中京区の女性の自宅マンションに出向いて薬物を投与し、急性薬物中毒で死亡させた疑い。

捜査1課によると、女性は1人暮らしで、24時間態勢でヘルパーのケアを受けながら生活していた。手足は動かせず、文字盤を使って意思表示をしていた。寝たきりの状態だが、病状は安定していたという。

事件当時、女性宅には女性とヘルパーがいた。大久保容疑者らが立ち去った後、女性の容体が急変していることにヘルパーが気付き、主治医に連絡。女性は病院に搬送されたが、死亡が確認された。捜査関係者によると、体内からは普段服用していない薬物の成分が検出されたという。

府警は女性宅の防犯カメラの映像などから、容体が急変した日に両容疑者が訪ねていたことを特定。23日朝から、2人の自宅などを家宅捜索した。

ALSは脳や脊髄の神経細胞が死滅し、全身の筋肉が徐々に弱っていく病気。根本的治療法は確立されていない。

京都府警・中京警察署に入る大久保愉一容疑者(中央)=23日午後5時50分、京都市中京区京都府警・中京警察署に入る大久保愉一容疑者(中央)=23日午後5時50分、京都市中京区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 健康・医療 暮らし 日本 京都府