山本寛斎さん死去=ファッションデザイナー、76歳

社会 暮らし

ファッションデザイナー、イベントプロデューサーとして活躍した山本寛斎さんが21日、急性骨髄性白血病で死去した。76歳だった。葬儀は近親者で済ませた。女優の山本未來さんは娘、俳優の伊勢谷友介さんは異母弟。

山本さんは1944年、洋服の仕立屋の長男として横浜市で生まれた。幼くして両親が離婚し、児童相談所に預けられたこともあった。62年に日本大英文科に入学したが、ファッションデザイナーを志して中退。コシノジュンコさんの工房に弟子入りし、67年にファッション界の登竜門である「装苑賞」を受賞した。

69年、旅先のロンドンでヘビ革のジャケット、パンツにアフロヘアという山本さんの姿が米「ライフ」誌に掲載された。71年には、日本人として初めてロンドンで、歌舞伎に着想を得た鮮やかで陽気な日本の美を演出したショーを開いた。英ロック歌手デビッド・ボウイのステージ衣装なども手掛けた。

74年から92年までパリ、ニューヨーク、東京コレクションに参加し、世界各地に約50店舗を展開した。翌年に演劇や音楽、祭り、ダンスの要素を含んだ総合イベント「スーパーショー」をモスクワで上演し、以降はプロデュース業に軸を移し、ベトナムやインドなどでも開催。「ファッションを通じて日本を元気にしたい」と国内各地でもエネルギッシュなショーを開いてきた。

今年3月、急性骨髄性白血病で入院していることを公表。7月31日には、自身が手掛けるイベント「日本元気プロジェクト2020『スーパーエネルギー!!』」をオンライン配信する予定で、山本さんの事務所では「予定通り開催する」としている。

山本寛斎さん山本寛斎さん

中国・北京で開かれた日中国交正常化40周年記念のファッションショーのフィナーレで、モデルらと共に舞台に登場した山本寛斎さん(右端)=2012年9月7日中国・北京で開かれた日中国交正常化40周年記念のファッションショーのフィナーレで、モデルらと共に舞台に登場した山本寛斎さん(右端)=2012年9月7日

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 衣料・ファッション 暮らし 社会 訃報 日本