太陽系最大級のクレーター=木星の衛星、地形解析で発見―神戸大など

科学 社会 技術

神戸大と大島商船高専(山口県周防大島町)の研究チームは27日、木星の4大衛星の一つ、ガニメデの地形の詳細解析から、半径約7800キロにも及ぶ太陽系最大級の衝突クレーターの痕跡を発見したと発表した。論文は同日までに、米惑星科学誌「イカルス」電子版に掲載された。

神戸大の平田直之助教らは、米探査機のボイジャー1、2号やガリレオが、ガニメデに接近観測した際の画像を詳しく再解析した。地表には「ファロウ」と呼ばれる溝状の地形が多数あることが知られていたが、解析の結果、衛星表面のほぼ全体で同心円状に分布していることが分かった。

類似の構造は、別の衛星カリストのヴァルハラクレーター(半径約1900キロ)にもあることから、研究チームはこの構造が天体衝突で生じた巨大クレーターの痕跡だと結論付けた。

研究チームは、コンピューターシミュレーションでこうした巨大クレーターをつくる衝突天体の条件も調査。40億年以上前に、氷を主成分とした半径約150キロの小惑星が衝突したと考えられるという。

木星(左)と衛星ガニメデの想像図。(加藤恒彦、国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクト提供)木星(左)と衛星ガニメデの想像図。(加藤恒彦、国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクト提供)

米探査機のボイジャー2号(左)とガリレオ(右)が撮影したガニメデの地表。暗い色の部分に、溝状の構造「ファロウ」が見える(NASA提供)米探査機のボイジャー2号(左)とガリレオ(右)が撮影したガニメデの地表。暗い色の部分に、溝状の構造「ファロウ」が見える(NASA提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 科学 宇宙 技術 社会 日本 兵庫県 神戸市 中国 山口県 米国