日産、6700億円の赤字=21年3月期予想、業績悪化止まらず―コロナ追い打ち

経済・ビジネス

日産自動車は28日、2021年3月期の連結純損益が6700億円の赤字になる見通しだと発表した。新型車投入の遅れによる販売低迷に新型コロナウイルスの世界的流行が追い打ちとなり、業績の悪化に歯止めがかからない格好。株主への配当(前期は10円)も見送る。収益力向上へ新車投入で反転攻勢に出る構えだが、再生の道筋は不透明だ。

日産は前会長カルロス・ゴーン被告の規模拡大路線を転換。過剰設備の解消など構造改革に伴い20年3月期も6712億円の純損失を計上しており、2期連続の巨額赤字に陥る。

21年3月期は、売上高が前期比21.0%減の7兆8000億円、本業のもうけを示す営業損益は過去最大の4700億円の赤字を見込む。新型コロナによる販売不振などが業績を押し下げる。同時に公表した20年4~6月期の実績は2855億円の純損失だった。

オンラインで記者会見した内田誠社長兼最高経営責任者(CEO)は「大変厳しい内容だ」と語った。その上で、「過度な販売台数を狙わず、事業の質や財務基盤を強化する」と述べた。

オンラインで決算記者会見する日産自動車の内田誠社長兼最高経営責任者=28日オンラインで決算記者会見する日産自動車の内田誠社長兼最高経営責任者=28日

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 日本