吉野家、コロナで赤字90億円=最大150店閉店へ―21年2月期

経済・ビジネス

吉野家ホールディングスは28日、2021年2月期の連結純損益が90億円の赤字に陥る見通しだと発表した。グループ全約3300店のうち、牛丼チェーン「吉野家」など国内外で5%相当、最大150店を閉店する。新型コロナウイルスの影響で店内飲食する客が減少しており、今期は新規出店を原則凍結し、経営の立て直しを急ぐ。

記者会見した河村泰貴社長は「新型コロナの影響は相当程度続くだろう」と警戒。その上で、店舗賃料などのコスト削減やテークアウト商品拡充などに取り組み、「売り上げが減っても利益が出る体制をつくっていく」との方針を示した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 経営一般 日本