シチズン、希望退職550人募集=アナログ腕時計不振、コロナ追い打ち

経済・ビジネス

シチズン時計は28日、文字盤と針で時刻を示すアナログ腕時計の部品生産や完成品の組み立てを手掛ける子会社が、550人の希望退職を募集すると発表した。腕時計型の情報端末「スマートウオッチ」の台頭で、アナログ式の市場は縮小。新型コロナウイルスの影響による消費意欲の減退が追い打ちとなり、人員削減に踏み切る。

希望退職を募集するのは、ムーブメント(駆動装置)などを生産する「シチズン時計マニュファクチャリング」(埼玉県所沢市)。販売の不振を踏まえ生産の合理化などに取り組んできたが、中長期的にも需要の回復は見込めないと判断した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 雇用・賃金・福利厚生 企業構造改革 日本 埼玉県