米マクドナルド、日本法人株を一部売却へ=保有比率35%程度に

経済・ビジネス

【シカゴ時事】米ファストフード大手マクドナルドは28日、保有する日本マクドナルドホールディングスの株式の一部を売却する方針を明らかにした。保有比率を現在の約50%から35%程度まで引き下げるという。オザン最高財務責任者(CFO)が2020年4~6月期決算に関する電話会見で語った。

オザンCFOは「過去数年間の日本事業の強固な実績と現地の経営陣への信頼」を踏まえ、「持ち株を段階的に減らす適切な時期」と判断したと説明。35%程度の保有は「日本事業に関与を続ける決意を示している」と述べた。ただ、「日本株は取引量が少ないため、(売却には)時間がかかる」との見方を示した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収 日本 米国