タービン羽根ちぎれ破損か=熊本日航機金属片落下―運輸安全委

社会 政治・外交

熊本県上空を飛行中だった日本航空機(ボーイング767―300型)の左エンジンに2018年5月、不具合が発生し金属片が多数落下したトラブルで、運輸安全委員会は30日、高圧タービンで高速回転するブレードと呼ばれる約15センチの金属製の羽根1枚がちぎれたことで、エンジン部品が連鎖的に破壊されたことが原因と推定する報告書を公表した。落下した金属片は計約73キロとみられる。

運輸安全委によると、高温による腐食が進み、ブレード台座内側に施されていたコーティング層に亀裂が生じていた。1万5000回を超える離着陸による金属疲労などで、ブレード本体にも亀裂が入り、ちぎれたとみられる。ブレードの破片で奥にある低圧タービンの大部分も損傷した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事故 社会 運輸・交通 運輸政策 日本 九州 熊本県