電動キックスケーターに特例=一部で自転車レーン走行可に―国家公安委

社会 政治・外交

国家公安委員会は30日、車道の通行が義務付けられている電動キックスケーターについて、業者がシェアリングサービス事業の認可を受けた地域に限り、道路上の自転車レーンも走行できる特例を設けることを決めた。一般から意見を募った上で9月にも制定する。

警察庁によると、シェアリングサービスは業者3社が認可を求める予定。東京都世田谷区、新宿区、千代田区、神奈川県藤沢市、福岡市などで10月にも開始し、最高速度20キロ、重さ15~30キロのスケーターを使うという。

電動キックスケーターは道路交通法上、原動機付き自転車に分類される。原付き免許が必要で、車道の通行やヘルメットの着用、ナンバープレートの表示などが義務付けられている。

業者がシェアリングサービスを提供する予定の電動キックスケーター(写真左)と、特例で走行が可能となる道路上の自転車レーン(いずれも警察庁提供)業者がシェアリングサービスを提供する予定の電動キックスケーター(写真左)と、特例で走行が可能となる道路上の自転車レーン(いずれも警察庁提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 運輸・交通 社会 運輸政策 日本 東京都 神奈川県 九州 福岡県 福岡市