車にGPS「見張り」該当せず=付近での観察限定―ストーカー事件で初判断・最高裁

社会

車に全地球測位システム(GPS)を取り付けて動静を把握する行為が、ストーカー規制法で禁止された「見張り」に該当するかが争われた2件の刑事事件の上告審判決が30日、最高裁第1小法廷であった。山口厚裁判長は「見張りには当たらない」とし、検察側の上告を棄却した。

小法廷は違法な「見張り」について、住居など被害者が通常所在する場所の「付近」で被害者の動静を観察する行為とする初判断を示した。いずれの二審も「見張り」を目視などの直接的な観察に限定。GPSでの遠隔監視を処罰できないと判断しており、最高裁判決が注目されていた。

判決が言い渡されたのは、当時の妻の車にGPSを取り付けた男(48)と、元交際相手の車に取り付けた男(53)。

両事件ともGPSは被害者が日常的に利用していた駐車場で取り付けられたが、小法廷は「位置情報の探索取得は駐車場付近で行われていない」と指摘。被害者の「付近」での見張りには該当しないと結論付けた。

1件目の事件の一審福岡地裁判決は「ストーカー手段は社会変化に伴い変容する」とし、見張りについて、「電子機器で相手が通常使用する物を観察する行為も含まれる」と判断した。一方、二審福岡高裁は同法を厳格に解釈。「住居、勤務先、学校その他通常所在する場所付近で見張ること」との規定から、被害者の近くで感覚器官を用いて観察する行為に限定、一審判決を破棄した。

2件目の事件でも一審佐賀地裁は有罪としたが、二審福岡高裁が「法の趣旨を逸脱する」と破棄。いずれも検察側が上告していた。

最高検の畝本直美公判部長の話 主張が認められなかったことは遺憾だが、真摯(しんし)に受け止めたい。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 社会 日本