トヨタ、6年ぶり世界首位=販売台数、VW上回る―20年上半期

経済・ビジネス

自動車大手の2020年上半期(1~6月)世界販売台数が30日、出そろった。トヨタ自動車がグループ全体で416万台となり、独フォルクスワーゲン(VW)の389万台を上回って上半期として14年以来6年ぶりに首位に立った。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大で、各社とも販売台数の大幅減を余儀なくされた。

トヨタ(ダイハツ工業、日野自動車を含む)は国内外とも販売が低迷し21.6%減。4年ぶりに前年同期を割り込んだ。トヨタは「4月以降は当初想定を上回るペースで回復している」(広報)とみている。中国市場では、新型のスポーツ用多目的車(SUV)「ワイルドランダー」などが健闘して2.2%減に踏みとどまり、2割弱減らしたVWに差をつけた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 日本