安倍首相「日台親善に多大な貢献」=李登輝元総統死去受け

政治・外交

安倍晋三首相は31日、台湾の李登輝元総統の死去を受け、首相官邸で記者団に「誠に痛惜の念に堪えない。日本と台湾の親善関係、友好増進のため多大な貢献をされた方だ。心からご冥福をお祈りする」と述べた。「一つの中国」原則を主張する中国に配慮し、李氏の葬儀に特使などは派遣しない方針だ。

首相は、李氏の功績について「台湾に自由と民主主義、人権、普遍的な価値を(根付かせ)、日台関係の礎を築いた」と指摘。「常に日本に対し特別な思いで接して来られた。多くの日本国民は格別の親しみを持っている」と語った。

台湾の李登輝元総統の死去について、記者団に答える安倍晋三首相=31日午前、首相官邸台湾の李登輝元総統の死去について、記者団に答える安倍晋三首相=31日午前、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 日本 台湾