60歳以上、37%が就労=「心配ない」4分の3―高齢社会白書

政治・外交

政府は31日の閣議で、2020年版の高齢社会白書を決定した。60歳以上の男女への調査では、現在収入のある仕事をしていると答えた人の割合は37.3%と、16年の調査から4.4ポイント増加。全体の約4分の3に当たる74.1%の人が「心配なく暮らしている」と答えた。

調査結果について内閣府担当者は「豊かで安定した生活を送る高齢者が増えた」と分析。ただ調査は新型コロナウイルス感染拡大前の1月に行われたことから「現在は生活面でさまざまな不安を抱えているとみられる」としている。

調査は、全国3000人に訪問形式で実施(有効回収率58.5%)。性別・年齢別では、男性の60~69歳と女性の60~64歳は6割以上が収入のある仕事をしていると答えた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 行政一般(政治欄向け) 日本