ヤマトHD、4割増益予想=宅配取り扱い、過去最高に―21年3月期

経済・ビジネス

ヤマトホールディングス(HD)は31日、2021年3月期の連結決算で、本業のもうけを示す営業利益が前期比4割増の640億円になるとの見通しを発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた外出自粛でインターネット通販の利用が拡大。宅配便の取り扱いが過去最高を更新すると予想する。

20年4~6月期の業績は売上高に当たる営業収益が前年同期比2.7%増の3920億円、営業利益は99億円(前年同期は61億円の赤字)だった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 日本