5カ月ぶり舞台に灯=東京・歌舞伎座が再開

社会 文化

東京・銀座の歌舞伎座で1日、「八月花形歌舞伎」が幕を開けた。新型コロナウイルス感染症の拡大を受け歌舞伎の公演は3月以降、中止が続いていたが、5カ月ぶりに舞台に灯がともった。

感染症対策で客席を半分以下に絞り、1演目ごとに出演者も観客も入れ替える4部制で実施。一番乗りをした20年来の歌舞伎ファンという男性(58)は「何カ月も見ていないと、その必要性が分かります」と話した。京都から訪れた20代の女性は「歌舞伎座は安心ですが、街中は心配なので、きょうはすぐ帰ります」と語った。

午前11時からの第1部では、主演の片岡愛之助さん(48)が「一日も早い事態終息の願いを込め舞台を勤めさせていただきます」とあいさつする放送に続けて「連獅子(れんじし)」を上演。唄方や三味線方らはマスクを着けながらの演奏だった。公演は26日まで。

歌舞伎座が5カ月ぶりに再開し、間隔を開けて入場する人たち=1日午前、東京都中央区歌舞伎座が5カ月ぶりに再開し、間隔を開けて入場する人たち=1日午前、東京都中央区

5カ月ぶりに再開した歌舞伎座に、間隔を開けて入場する人たち=1日午前、東京都中央区5カ月ぶりに再開した歌舞伎座に、間隔を開けて入場する人たち=1日午前、東京都中央区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 芸能 文化 社会 社会一般 日本