「どうして彼女が」=犠牲女子高生の同級生ら追悼―八王子スーパー射殺25年・東京

社会

東京都八王子市のスーパーで1995年7月、高校2年の矢吹恵さん=当時(17)=ら女性3人が射殺された事件で、矢吹さんが在籍していた私立桜美林高校(東京都町田市)で1日、追悼礼拝が開かれ、同級生らが事件の解決と冥福を祈った。事件は先月30日で発生から25年を迎えた。

礼拝には約15人が参加し、矢吹さんの学年主任だった伊藤孝久さん(69)が進行。祈りの言葉として「一番悔しい思いをしているのは矢吹さん自身。犯人は名乗り出て事件の全てを語り、罰を受ける勇気を」と述べた。

矢吹さんと中学、高校で同級だった会社員鷹野めぐみさん(42)は礼拝後、「どうして彼女が死ななきゃいけなかったんだろうと今も変わらずに思っている」と話した。事件の数カ月前に撮影された矢吹さんの写真を前に、「42歳の彼女の顔が思い浮かばなくて寂しい」と涙を浮かべた。

事件は95年7月30日夜、八王子市大和田町のスーパー「ナンペイ大和田店」2階事務所で発生。アルバイトの矢吹さんと前田寛美さん=当時(16)=、パート店員の稲垣則子さん=同(47)=が何者かに射殺された。

事件発生から25年となり、亡くなった矢吹恵さんの遺影を手にする同級生の鷹野めぐみさん=1日午後、東京都町田市事件発生から25年となり、亡くなった矢吹恵さんの遺影を手にする同級生の鷹野めぐみさん=1日午後、東京都町田市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 日本 東京都