三菱重工、過去最大の赤字=スペースジェットで損失688億円―4~6月期

経済・ビジネス

三菱重工業が3日発表した2020年4~6月期連結決算(国際会計基準)は、純損益が579億円の赤字(前年同期は163億円の黒字)だった。赤字額は四半期ベースで過去最大。新型コロナウイルス流行の影響で民間航空機部門が低迷、小型ジェット旅客機「スペースジェット」(旧MRJ)事業でも688億円の損失を計上した。

開発が遅延しているスペースジェットは事業体制を半分に縮小する。開発費は年間約600億円に減らし、国内外で1000人規模の人員削減を実施した。

4~6月期の売上高は前年同期比15.4%減の7780億円。スペースジェット以外の民間航空機に加え、自動車部品事業も不調だった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 日本