ソニー、26.7%減益予想=半導体、家電落ち込み―21年3月期

経済・ビジネス

ソニーは4日、2021年3月期の連結営業利益が前期比26.7%減の6200億円となる見通しだと発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響からスマートフォン市場が減速し、スマホカメラ向けなどの画像用半導体の出荷が落ち込むことで利益を押し下げる。

売上高予想は前期並みの8兆3000億円を確保。新型コロナ収束が見通せない中、家電販売や映画の興行収入は大幅に減る。一方、巣ごもり需要の追い風を受けてゲームソフト販売が好調に推移するほか、年末商戦で発売予定の新型ゲーム機「プレイステーション5」が増収要因となる。

ウェブ会見した十時裕樹副社長は、主力の半導体事業で設備投資や研究開発の計画をいったん見直すと説明。「21年度下期以降には利益成長の軌道に戻す」と強調した。米中摩擦が及ぼすリスク対応では「顧客層の拡大と分散に引き続き注力したい」と語った。

20年4~6月期連結営業利益は前年同期比1.1%減の2283億円だった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 日本