貿易協定交渉で大詰め協議=茂木外相、5日に訪英

政治・外交

茂木敏充外相は4日の記者会見で、5~8日の日程で英国を訪問し、トラス国際貿易相と両国間の新たな貿易協定の締結に向けた詰めの協議を行うと発表した。訪英は新型コロナウイルスの感染拡大で中断された閣僚外遊の再開となる。帰国時にはPCR検査など感染対策を講じることになっており、要人による今後の外国訪問の指針としたい考えだ。

茂木氏は「日英間の円滑なビジネス継続のため、日・欧州連合(EU)間の経済連携協定(EPA)に代わる新たな貿易投資の枠組みを迅速につくることは必要不可欠だ」と強調した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 通商政策 日本