自民・岸田氏「国民の協力引き出すリーダーに」=次期総裁選に意欲

政治・外交

自民党の岸田文雄政調会長は4日、時事通信のインタビューに応じ、安倍晋三首相(党総裁)の後継を選ぶ次期総裁選について「次の時代を担う一人になれるよう努力を続けたい」と述べ、出馬への意欲を改めて表明した。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、新首相には「国民の協力、一体感を引き出す」ことが求められると指摘。「私もそういうリーダーになりたい」と強調した。

岸田氏は、新型コロナの影響で拡大した経済格差の是正に、優先課題として取り組む方針を示した。その上で「もうけ第一主義ではなく、環境や地域貢献、人を重視する『新しい資本主義』を考えていかなければならない」と訴えた。

新型コロナ対策としての消費税減税については、増大する社会保障費の財源となっていることなどを理由に、「下げるべきではない」と明言。一方、大規模な財政出動は「恐らくここ数年、引き続きやるべきことをやる段階だ」と述べ、必要との認識を示した。

インタビューに答える自民党の岸田文雄政調会長=4日午後、同党本部インタビューに答える自民党の岸田文雄政調会長=4日午後、同党本部

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政党 日本