コロナで予備費1兆円超支出へ=持続化給付金などに活用―政府

政治・外交

自民党の森山裕国対委員長は5日、新型コロナウイルス対策として、政府が7日に予備費1兆円超の支出を閣議決定すると記者団に語った。中小事業者向けの持続化給付金事業などに充てる。7日に衆参両院で予算委員会理事懇談会を開き、政府がこうした方針を説明する。

これに先立ち、森山氏は立憲民主党の安住淳国対委員長と国会内で会談。新型コロナ感染拡大を踏まえた今後の閉会中審査の日程について協議し、19日に衆院厚生労働委、26日に衆院内閣委を開催することで一致した。9月上旬には衆院予算委を開くことで大筋合意し、詳細は今後調整を続ける。

会談に臨む自民党の森山裕国対委員長と立憲民主党の安住淳国対委員長(左)=5日午前、国会内会談に臨む自民党の森山裕国対委員長と立憲民主党の安住淳国対委員長(左)=5日午前、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 財政 政府・内閣 政党 日本