手数料引き下げへ月内協議=小口決済で新システム―大手銀4行

経済・ビジネス

三菱UFJ、三井住友、みずほの3メガバンクとりそな銀行が、新たな小口決済システムの構築に向け、月内にも協議を始めることが5日、分かった。比較的少ない金額の送金や決済にかかる手数料を引き下げ、キャッシュレス決済の普及にもつなげたい狙いだ。

キャッシュレス決済は利用者が少額で多頻度の支払いを行うことから、1件当たりの手数料を引き下げられるかが課題。政府も銀行間の手数料などが高止まりしていると指摘している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 新サービス 日本