ワールド、358店閉店へ=コロナ影響、希望退職も

経済・ビジネス

アパレル大手のワールドは5日、今年度中に国内の358店舗を閉店すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、売り上げが激減し収益が一段と悪化しているためだ。200人程度の希望退職者も募る。構造改革を進め、収益改善を急ぐ。

新型コロナの収束が見通せず、同社は採算の悪いブランドの廃止に加え、店舗・人員の整理が必要と判断した。収益改善が見込めない、若い世代向けの「アクアガール」や「オゾック」など五つのブランドについて販売を終了する。このほかのブランドについても絞り込んでいくという。

ブランド廃止や収益性の低い店舗の整理などで計358店を閉店する。9月には40歳以上の社員を対象に、約200人の希望退職者を募集する。鈴木信輝社長らの役員報酬を月額で最大30%減額し、2021年3月期の賞与は支給しない。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 雇用・賃金・福利厚生 企業構造改革 日本