ロシア閣僚が国後島訪問=石碑に「国旗降ろさず」、ソ連兵追悼

社会

【モスクワ時事】ロシアのジニチェフ非常事態相は5日、実効支配する北方領土の国後島を訪れ、新たに設置した救難救助センターの開所式典に出席した。自国領と強調する石碑も公開し、領土問題で日本側に譲歩しない姿勢を示した。政権幹部が北方領土を訪れるのは、昨年8月のメドベージェフ首相(当時)の択捉島訪問以来。

石碑には19世紀の皇帝ニコライ1世が語ったとされる「ロシア国旗を一度掲げた場所ではそれを降ろしてはならない」という言葉を刻んだプレートが取り付けられた。

式典では1945年8月の日本のポツダム宣言受諾後に千島列島で日本軍と交戦し、戦死したソ連兵への黙とうもささげられた。ジニチェフ氏は「われわれは常に戦死者を追悼し、彼らの偉業を忘れない」と述べた。

ロシアのプーチン大統領(右)と会議に臨むジニチェフ非常事態相=4月27日、モスクワ郊外(EPA時事)ロシアのプーチン大統領(右)と会議に臨むジニチェフ非常事態相=4月27日、モスクワ郊外(EPA時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 社会一般 社会 日本 ロシア