トヨタ純利益、74%減=コロナ影響で販売低迷―4~6月期

経済・ビジネス

トヨタ自動車が6日発表した2020年4~6月期連結決算は、純利益が前年同期比74.3%減の1588億円だった。世界的な新型コロナウイルス感染拡大で新車販売が大幅に減少し、収益を圧迫した。売上高は40.4%減の4兆6007億円、本業のもうけを示す営業利益は98.1%減の139億円。

一方、21年3月期の連結純利益は7300億円を予想。各国の外出規制の緩和などを受け、世界的な販売回復を見込むものの、前期比で64.1%減益の厳しい決算となる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 経営一般 日本