コロナ影響も「N-BOX」が7月首位=車名別販売台数、新型車が上位に

経済・ビジネス

7月の車名別新車販売台数は、ホンダの軽自動車「N―BOX」が1万6222台で8カ月連続の首位となった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で人気車種の売れ行きが鈍り、N―BOXの販売台数も前年同月比32.5%減少。2月に全面改良したトヨタ自動車の主力小型車「ヤリス(旧ヴィッツ)」が1万4004台で2位となり首位に迫るなど、新型車が上位に食い込んだ。

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が6日発表した。

上位の軽ではスズキ「スペーシア」が5.1%増、ダイハツ工業「タント」が9.7%減と明暗が分かれた。新型車では昨年11月発売のトヨタの小型SUV(スポーツ用多目的車)「ライズ」が5位に、今年6月に全面改良したトヨタのSUV「ハリアー」は9388台と好調な出足で、8位に入った。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 日本