近畿日本ツーリスト、売上高97%減=コロナで需要消失―4~6月期

経済・ビジネス

近畿日本ツーリストなどを傘下に持つKNT―CTホールディングスが6日発表した2020年4~6月期連結決算は、売上高が前年同期比97.0%減の33億円に激減した。新型コロナウイルス感染拡大を受けた各国の出入国規制や外出自粛により海外旅行、国内旅行とも需要が消失。四半期ベースで過去最低の売上高となった。

営業損益は142億円の赤字(前年同期は27億円の黒字)、純損益は98億円の赤字(同16億円の黒字)だった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 日本