外山滋比古さん死去、96歳=ベストセラー「思考の整理学」

社会 文化

ベストセラー「思考の整理学」の著者で、お茶の水女子大名誉教授の英文学者、外山滋比古(とやま・しげひこ)さんが7月30日午前7時18分、胆管がんのため東京都内の病院で死去した。96歳だった。愛知県出身。葬儀は近親者のみで済ませた。喪主は長女みどりさん。

1983年に刊行し、86年に文庫化された学術エッセー「思考の整理学」は124刷に達し、累計は253万部。東京大・京都大生協の書籍販売ランキングでたびたび1位を獲得するなど根強い人気を誇る。「知的創造のヒント」「親は子に何を教えるべきか」など著作は多数に上る。

東京文理科大(現・筑波大)卒。「英語青年」編集長を経て、東京教育大(同)、お茶の水女子大などで教えた。専門は英文学や言語論。

外山滋比古さん外山滋比古さん

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 文化 社会 訃報 日本 東海 愛知県