任天堂、営業益が過去最高=「あつ森」好調、巣ごもり需要―4~6月期

経済・ビジネス

任天堂が6日発表した2020年4~6月期連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前年同期に比べ5.2倍の1447億円に達した。4~6月期として過去最高の水準。新型コロナウイルス流行に伴う巣ごもり需要を追い風に、ゲームソフト「あつまれ どうぶつの森」などが好調だった。

売上高は3581億円と倍増、純利益は1064億円と6.4倍に達した。家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」も大きく伸びた。

3月に発売した「あつ森」の販売本数は1063万本で、累計で2240万本に上った。スイッチ関連ソフト全体では前年同期比2.2倍の5043万本だった。携帯専用機「ニンテンドースイッチライト」と合わせたスイッチシリーズの販売台数は2.6倍の568万台。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 経営一般 日本