公的年金の黒字12兆円=株価回復で四半期過去最高―4~6月期

政治・外交 暮らし

公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は7日、2020年4~6月期の運用損益が12兆4868億円の黒字だったと発表した。新型コロナウイルス感染拡大で落ち込んだ国内外の株式市場が大幅回復したことが寄与。四半期で最悪の17兆円超の赤字となった1~3月期から一転し、過去最高の運用益を計上した。

4~6月期は収益率も過去最高の8.30%に達した。6月末時点の運用資産額は162兆926億円。市場運用を始めた01年度からの累積収益額は70兆245億円と高い水準を保っている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース (経済)年金・医療・社会保障政策 暮らし 日本