厚労省、ワクチン供給で英大手と合意=1.2億回分、来年初めにも―新型コロナ

政治・外交 暮らし

厚生労働省は7日、英製薬大手アストラゼネカとの間で、同社が新型コロナウイルスのワクチン開発に成功した場合、来年初めから1億2000万回分の供給を受けることで基本合意したと発表した。うち3000万回分は来年3月末までに供給される。

接種回数は臨床試験(治験)の結果を踏まえて決まるが、2回接種する場合は6000万人分に相当する。

同社はワクチン原液の輸入に加え、製薬会社JCRファーマ(兵庫県)と連携し国内でも製造。第一三共(東京都)など4社が容器への充填(じゅうてん)などを担う。

アストラゼネカは英オックスフォード大とワクチン開発を推進。海外の治験では有効性を示す結果が示されている。同社は日本国内でも今月から治験を行う予定だ。

新型コロナのワクチンでは、厚労省は米製薬大手ファイザーとも6000万人分の供給を受けることで基本合意。さらなるワクチン確保に向けて、製薬企業との協議を続けている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース (社会)保健衛生医療・社会保障行政 暮らし 日本