豊肥線、4年4カ月ぶり全線再開=熊本地震で被災―JR九州

社会 暮らし

2016年4月の熊本地震で被災し、不通となっていたJR豊肥線の肥後大津―阿蘇間(27.3キロ)で8日、約4年4カ月ぶりに運行が再開された。熊本市から大分市を結び、熊本県内有数の観光地阿蘇を通る鉄路148キロが全面開通し、地元は観光客の回復にも期待を寄せている。

JR九州によると、同区間は本震とその後の豪雨による斜面崩壊で、線路が埋まったり流失したりした。同社は国や熊本県の協力を得て17年7月から復旧工事に着手。工事期間中はバスによる代替輸送を続けていた。

熊本駅では8日朝、蒲島郁夫県知事ら関係者約30人が出席し、別府駅(大分県別府市)まで走る特急列車「あそぼーい!」の出発式を開催。蒲島知事は「全線開通は将来に光を与えてくれる。観光、経済の活性化にも貢献してくれると願っている」とあいさつした。

県のマスコットキャラクター「くまモン」も駆け付け、汽笛に合わせて出発を合図。列車のおもちゃを手にホームから見送った熊本市の伊尻岬ちゃん(4)は「いつか乗ってみたい」と目を輝かせた。不通区間だった駅などでは、自治体職員や地元住民らが列車を出迎えた。

8日以降、肥後大津―阿蘇間を走る普通列車は1日当たり上下計30本が運行される。

全線再開したJR豊肥線の特急列車出発式で、合図を出す熊本県のマスコットキャラクター「くまモン」=8日午前、熊本市のJR熊本駅全線再開したJR豊肥線の特急列車出発式で、合図を出す熊本県のマスコットキャラクター「くまモン」=8日午前、熊本市のJR熊本駅

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 災害 暮らし 社会 運輸・交通 日本 九州 熊本県 熊本市 大分市