楽天、純損失274億円=携帯参入が利益圧迫―6月中間決算

経済・ビジネス

楽天が11日発表した2020年6月中間連結決算は、純損益が274億円の赤字に転落した。前年同期は1002億円の黒字だった。中間決算の赤字は2011年以来9年ぶり。携帯電話事業への参入やインターネット通販事業の自社配送網の整備など先行投資が利益を圧迫した。

売上高に当たる売上収益は前年同期比15.7%増の6787億円と過去最高となった。新型コロナウイルス流行に伴う巣ごもり消費を背景に、「楽天市場」を中心とした物販サイトの取扱高が4~6月期に48%伸びた。

オンラインで決算について説明する楽天の三木谷浩史会長兼社長(11日午後)オンラインで決算について説明する楽天の三木谷浩史会長兼社長(11日午後)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 日本