7月の工作機械受注、3割減=新型コロナで設備投資停滞

経済・ビジネス

日本工作機械工業会が12日発表した7月の工作機械受注総額(速報値)は前年同月比31.1%減の697億円と22カ月連続の前年割れだった。新型コロナウイルス感染拡大に伴う景気悪化を受け、設備投資が停滞。7月としてはリーマン・ショック後の2009年以来、11年ぶりの低水準となった。

前月との比較では、5月を底に徐々に回復している。工業会は「7月の受注総額は緊急事態宣言前の3月の水準に近い」(調査企画部)とみており、引き続き今後の動きを注視する構えだ。

受注総額のうち、内需は前年同月比39.8%減の248億円、外需は25.2%減の449億円だった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 統計 日本