ペッパーフード、希望退職183人=特別損失8700万円

経済・ビジネス

ペッパーフードサービスは12日、展開する「いきなり!ステーキ」など直営店舗の閉店に伴い、183人が希望退職すると発表した。退職は今月末。特別退職金の支給費用として2020年1~9月期に8700万円の特別損失を計上する。

ペッパーフードは先月、直営114店を閉鎖すると発表。閉店する店舗従業員を中心に計200人程度の希望退職者を募集していた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 雇用・賃金・福利厚生 その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本