7月のビール販売、全社マイナス=新型コロナと天候不順響く

経済・ビジネス

ビール大手4社が13日発表した7月のビール系飲料(ビール、発泡酒、第三のビール)の販売実績は、全社とも前年同月比でマイナスとなった。新型コロナウイルスの影響で業務用の苦戦が続いているのに加え、天候不順も響いた。

販売数量はキリンビールが5%減、サントリービールが9%減、サッポロビールが2%減。金額ベースで開示しているアサヒビールは6%減だった。昨年7月もビール類販売は天候不良や缶酎ハイへのシフトで低調。今年は新型コロナ対策で客席数を減らして営業する飲食店が多く、業務用が大半の瓶・たる入りビールは前年同月の6~7割程度にとどまったという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 日本