ANA、政投銀・3大銀に資本支援を要請=5000億円規模、財務強化

経済・ビジネス

ANAホールディングスが資金調達に向け、日本政策投資銀行と3メガバンクなどに5000億円規模の支援を要請したことが13日、分かった。新型コロナウイルス流行の影響で業績不振が続く中、資本に近い性格を持つ「劣後ローン」を使い、財務基盤を強化する。

劣後ローンは、通常の融資よりも返済の優先順位が低く、借入金でありながら資本金に準じた扱いを受けられる。

ANAは政投銀や、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行などと協議に入った。調達額は4000億~5000億円程度で調整している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 資金運用・調達・新規上場 日本