大手商社、軒並み業績悪化=コロナで資源・自動車苦戦―4~6月期

経済・ビジネス

大手商社の2020年4~6月期連結決算が13日、出そろった。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、世界的に需要が縮小した自動車や、資源価格の急落が業績を直撃。海外鉱山の操業停止で住友商事の純損益が410億円の赤字に転落したほか、伊藤忠商事など6社も軒並み減益となった。

前年同期と比べ減益幅が大きかったのは、石炭価格の下落が響いた双日で83%減。三菱自動車の減損や資源価格下落の影響が大きかった三菱商事は77%減、自動車が苦戦した豊田通商は75%減、原油・ガス価格の下落と生産減が逆風となった三井物産は50%減だった。

三菱商事の増一行常務は電話会見し、「事業環境は平時に程遠く、楽観できる状況にない」と語った。

一方、丸紅は電力事業が堅調で1割の減益で踏みとどまったほか、全部門が黒字だった伊藤忠は減益ながら純利益1047億円を確保した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本