ステッカー掲示店見回りへ=都職員が新型コロナ対策チェック―東京

政治・外交 暮らし

東京都は14日、都が作成した新型コロナウイルスの「感染防止徹底宣言ステッカー」の掲示店が実際に対策を講じているか確認するため、職員による見回りを始めると発表した。早ければ19日以降、繁華街の飲食店から訪問する。

ステッカー制度は6月に開始。店側は都のホームページにアクセスし、店名や所在地のほか、換気や消毒など実践している感染防止対策を入力すれば自由にダウンロードできる。13日時点で約19万件登録しているが、実際に対策を講じているか客観的に確認する仕組みはなかった。

見回りでは、職員2人1組で掲示店を訪問。対策に不備があれば口頭で改善を要請する。

定例記者会見で新型コロナウイルス対策について説明する東京都の小池百合子知事=14日午後、都庁定例記者会見で新型コロナウイルス対策について説明する東京都の小池百合子知事=14日午後、都庁

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 行政一般(政治欄向け) (社会)保健衛生医療・社会保障行政 暮らし 日本 東京都