上場企業52社が20年に早期退職実施=アパレル最多8社―商工リサーチ

経済・ビジネス

東京商工リサーチは14日、2020年に早期退職の募集を開示した上場企業が13日までに、52社に達したと発表した。新型コロナウイルスを要因にあげた企業は15社に上った。業種別では、アパレル・繊維製品が最多だった。

募集人数は、開示している43社の合計で9323人。最多がレオパレス21の1000人で、次いでファミリーマートが800人となった。

業種別では、コロナ禍で深刻な打撃を受けたアパレル・繊維製品が8社で最も多く、電気機器(7社)、輸送用機器(5社)が続いた。小売りや、「いきなり!ステーキ」を運営するペッパーフードサービスなど外食が、それぞれ4社に上った。

商工リサーチは、「比較的、店舗を閉鎖しやすいアパレルや外食は、業績悪化から早期退職募集までの決断が早い。今後、ほかの業種にも広がっていく可能性がある」とみている。

◇希望退職の募集企業

企業名            募集人数

レオパレス21(賃貸アパート)   1,000

ファミリーマート(小売)        800

シチズン時計(精密機器)        750

ノーリツ(金属製品)          600

ミツバ(電気機器)           500

ラオックス(小売)           390

オンワードHD(アパレル)       350

アツギ(繊維製品)           330

レナウン(アパレル)          300

(注)東京商工リサーチ集計。業種は同社の区分による。募集人数を開示している企業の上位。シチズン時計、ラオックスは2回の募集の合計(了)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経済調査・分析 雇用・賃金・福利厚生 経営一般 日本