国内感染者、1020人=天理大ラグビー部で20人―新型コロナ

社会 暮らし 政治・外交

国内では16日、新たに1020人の新型コロナウイルス感染者が確認された。1日当たりの感染者が1000人を超えたのは4日連続。

東京都では、260人の新規感染者が確認され、3日ぶりに300人を下回った。年代別では30代未満が約6割を占める一方、60代以上が37人いた。同日時点での重症者は25人。

奈良県では、天理大(天理市)のラグビー部員19人の感染が確認された。12日に判明した部員1人と合わせ20人となり、県はクラスター(感染者集団)と認定した。全員が寮生活をしており、軽症か無症状という。同県の感染者は24人で最多を更新した。

鹿児島県では27人の感染が判明。いずれもクラスターが発生した「指宿さがら病院」(指宿市)の入院患者や職員らで、うち患者2人の死亡も確認された。同病院関連の感染者は計42人となった。

死者は鹿児島県の2人のほか、東京都、福岡県、沖縄県で各2人、石川県、愛知県、滋賀県で各1人の計11人増え、国内の累計は1117人となった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 日本 東京都