サケ捕獲権確認求め提訴=アイヌ民族団体―札幌地裁

社会

サケの捕獲は先住民族が持つ「先住権」の一部だとして、北海道浦幌町のアイヌ民族団体は17日、国と道知事を相手に、浦幌十勝川河口部でのサケの捕獲権があることの確認を求める訴訟を札幌地裁に起こした。

訴状などによると、原告の「ラポロアイヌネイション」のメンバーは、浦幌十勝川周辺に存在していたアイヌ小集団の構成員の子孫らで、小集団はサケなどの自然資源を利用していた。

サケ捕獲は水産資源保護法などで禁止されており、アイヌ民族は文化的伝承などの目的に限って一部のみ認められている。原告側は、生活のためのサケ捕獲権を小集団から引き継いでおり、個人ではなく集団として捕獲権を有すると主張している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 社会 日本 北海道