太陽生命、初のコロナ保険=収入減備え手厚く

経済・ビジネス

T&Dホールディングス傘下の太陽生命保険は18日、新型コロナウイルスなどの感染症に対応した個人向けの入院保険を9月に発売すると発表した。新型コロナの感染による収入減少や急な出費を補うため、一括で受け取れる保険金を手厚くする。こうした保険の販売は業界で初めてという。

コロナに感染すると、軽症でも原則として10日程度の療養が求められ、その間の収入が減少したり、家族と接触を控えるためにベビーシッターを手配するなど予想外の出費が必要となったりする。

新たな保険は、病気やけがなどで入院した場合に受け取る入院一時金保険に上乗せして契約。20万円に設定された入院一時金保険に月500円程度の保険料を追加することで、最高40万円が一括で支払われる。ホテルや自宅での療養も対象となる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 日本