マンション発売、11カ月ぶり増=コロナ反動も戻り鈍く―7月首都圏

不動産経済研究所が20日発表した7月の首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の新築マンション発売戸数は、前年同月比7.8%増の2083戸だった。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて発売を見合わせていた反動で11カ月ぶりのプラスとなったが、戻りは鈍い。

同研究所は「春商戦がずれ込んだ数字としては強くない」と指摘。感染防止のためモデルルームへの来場者を絞るといった動きは続いており、8月の発売戸数は下落に転じると予想した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 日本 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県