7月コンビニ売上高7%減=長雨響きマイナス幅拡大

経済・ビジネス

日本フランチャイズチェーン協会が20日発表した7月のコンビニエンスストア売上高は、既存店ベースで前年同月比7.4%減の8656億円だった。5カ月連続のマイナス。新型コロナウイルスの影響に長雨が重なって来店客が減り、6月(5.2%減)よりもマイナス幅が拡大した。

来店客数は14.0%減(6月は11.6%減)。5月下旬の緊急事態宣言の解除以降、繁華街や観光地の人出は上向きつつあったが、梅雨明けの遅れや豪雨で再び客足が遠のいた。1人当たりの平均購入額は7.7%増で、まとめ買いの傾向が続いている。

商品別では、全体の売り上げの4割弱を占める弁当や総菜など「日配食品」が8.3%減。加工食品や非食品も軒並みマイナスだった。

今月も人出の戻りは鈍い。同協会は「外出自粛などの動きがなくならないと、回復は厳しい」(幹部)とみている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経済調査・分析 統計 日本