地銀の6割が減益・赤字=コロナで与信費用1.5倍―4~6月期・時事通信調べ

経済・ビジネス

地方銀行全102行の2020年4~6月期決算(単体ベース)が20日までに出そろった。時事通信がまとめたところ、56行が減益、5行が赤字に陥り、純利益合計では前年同期比9.4%減の2248億円となった。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、融資先の業績が悪化。貸し倒れに備えた与信関係費用が5割増と膨らみ、収益を圧迫した。新型コロナの収束は見通せず、地銀をめぐる状況は一段と厳しさを増しそうだ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 日本 東北 福島県 東京都 四国 香川県 九州 長崎県 宮崎県