医療従事者、高齢者らワクチン優先=国の財政負担、コロナ分科会が見解

政治・外交 暮らし

政府は21日、有識者による新型コロナウイルス感染症対策分科会(会長・尾身茂地域医療機能推進機構理事長)を東京都内で開いた。ワクチン接種について、医療従事者、高齢者、基礎疾患を持つ人を優先すべきだとの見解で一致。地方自治体の負担を考慮し、国による財政措置の必要性を確認した。

政府はこれを踏まえ、来月上旬にもワクチンの接種順位に関する計画を取りまとめる方針。各国ではワクチンの研究・開発が加速しており、政府は早ければ来年前半に接種を開始したい考えだ。

新型コロナウイルス感染症対策分科会について記者会見する尾身茂会長=21日午後、東京都千代田区新型コロナウイルス感染症対策分科会について記者会見する尾身茂会長=21日午後、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 (経済)年金・医療・社会保障政策 暮らし (社会)保健衛生医療・社会保障行政 日本